毎日の保湿ケアで気を付けておきたいこと

毎日の 保湿ケア 、みなさんは十分にできているでしょうか?

女性の肌の悩みは数え切れないほどありますが、その中でも乾燥はとくに厄介な相手です。

最近肌が乾燥している!保湿をしなくっちゃ!

なんて考えてシートマスクや美容オイル、クリームなどを塗り込んで過度な保湿ケアをしてしまうと、毛穴が詰まってさらに肌トラブルを引き起こしてしまいます。

スキンケアをおろそかにしてもダメ、やりすぎてもダメ、美肌を手に入れるためには自分の肌の状態を見て、やさしく丁寧なケアをしてあげることが大切です。

正しい 保湿ケア で瑞々しい肌へ

グラス

肌トラブルの原因になってしまっているひとつに、間違った方法でスキンケアしてしまっている場合があります。

自分では正しいと思っていても、実は逆に肌に負担をかけているなんてことも!
正しいスキンケアでお肌を美しく保ちましょう。

化粧水は「500円玉大」よりも多めに!

毎日使っている化粧水、よく「500円玉大の量を手に取って肌になじませる」と記載されているものがありませんか。
500円玉大ってどれくらい?と疑問が浮かんできますが、具体的に言うと5mlくらいだそうです。

実際そのくらいの量の化粧水を手に取ってみると結構な量があるので「こんなに化粧水を使わなくてもいいな」と考えてしまいがちです。
そうすると自然と化粧水を使う量が少なくなってしまい、肌の保湿が十分にされていない状態になってしまうんです。

乾燥肌をケアする化粧品

実はこの「500円玉大」の量は、一度に使ってしまわないといけないわけではありません。

  1. 500円玉大よりも少ない量を手に取って肌になじませる
  2. 乾燥が気になる箇所に再度化粧水をつける
  3. しばらく経ってまだ乾燥が気になるようなら全体にもう一度、化粧水をつける

こうした手順を踏んでいると、自然と500円玉大よりは多い量の化粧水を使うことになります。
現役のCAさんなどは、500円玉大くらいの化粧水の4~5倍の量で保湿ケアしている方もいらっしゃるとか…
それを3回ほど繰り返して徹底的に保湿を行うそうです。

もちろん、それがその方のお肌に合った方法なので必ずしも自分が同じ量で化粧水を使ったからといって効果があるとは限りません。
しかし化粧水の量は少なすぎると保湿ケアには十分ではないということがわかります。

クリームのはしっかりとつけて保湿を!

クリームを多く塗ると吹き出物ができてしまうからと、クリームをあまり塗らないという方がいますがクリームは保湿ケアにとても大事なものです!

クリーム

クリームを塗った時にだけ吹き出物ができてしまうのは、クリームが自分の肌に合わず炎症を起こしている場合だったり、毛穴などの細菌がクリームを栄養にして繁殖していたりするから。
塗りすぎはもちろんよくないですが、お肌の水分を逃がさないためにも洗顔後のクリームは欠かせないアイテム。

クリームの塗り方はとにかくハンドプレスを心がけてください。
肌を傷つけてしまうので、こすったり叩いたりせずに、手のひらでやさしく肌に浸透させるようになじませてあげることが大切です。

肌の状態はひとによって違いますが、敏感肌になっていて肌への刺激を避けたい場合は手のひらにクリームを広げてから顔にスタンプを押すような要領で肌にのせていくといいですよ。

朝のスキンケアもしっかりと!

時間のない朝はスキンケアもおろそかになりがちです。
洗顔、化粧水、乳液~と夜のように丁寧に時間を取ってスキンケアをする時間もないし、寝て起きただけだから肌もそんなに汚れていないし、と考えていませんか?

睡眠

夜の間にも肌は乾燥し、そして汚れています!

寝ている間に分泌された皮脂を取り除くためにも朝の洗顔は必要不可欠。
そして日中の紫外線や、化粧よれから肌を守るためにも朝のスキンケアは大事な作業です。

正しい洗顔方法についての方法はこちらの記事へ
スキンケア、肌の乾燥対策について

朝の洗顔後は時間がないからと、ささっと化粧水を塗って終わりにしていませんか?
そうすると保湿が十分されていないため日中肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌されてしまいます。朝のスキンケアをおろそかにすると化粧崩れの原因にもなってしまします。

時間に追われている朝のスキンケアの強い味方は、ブースターシートマスク、それからオールインワンタイプの化粧品

とくにシートマスクは、顔にマスクをつけたまま身支度を整えたり朝食の準備ができるので化粧水や乳液を浸透させる時間を省いて朝の準備がスムーズに行えます。
忙しい朝はいろんなことをしなければなりませんから、女性の強い味方ですね。

 

夜のスキンケアには潤いを

日中紫外線にさらされ、メイクで負担をかけてストレスを与えられた肌を夜はしっかりといたわって潤いを与えてあげましょう。
夜のスキンケアをしっかりと行うことで肌をリセットし、休ませてあげることができます。

ハリネズミ君
クレンジングは肌負担の少ないものを!

肌は擦りすぎると痛めてしまいます。メイクを落とすために何度も洗わないといけないクレンジング剤はなるべく肌への負担が少ないミルクタイプがオススメです。
しっかりメイクをしているのでミルクタイプでは不安という方は、潤い・美容成分が入ったクレンジングを選ぶといいでしょう。

ハリネズミ君
美容液で肌をうつくしく!

美容液は水分をたくさん含んだ肌の上に適量をのせて、やさしくプレスしながらしっかりと肌になじませてください。なるべく刺激を与えないよう手のひら全体で肌を温めながら美容液を肌になじませていくと良いです。

お肌の悩みを解決するため、そして化粧水の浸透力をアップさせるためにも丁寧に塗ってあげてください。

ハリネズミ君
クリームは首まで保湿!

化粧水・美容液のあとに塗るクリームは水分蒸発防止のためにしっかりと塗ってください。たっぷりと塗ることでクリームの水分も肌に浸透します。
クリームを塗るときは、日中外気に触れて年齢が出やすい首やデコルテにも塗りましょう。ハリを与えてくれてアンチエイジングにもなります。

オススメの高保湿ケア化粧品

保湿ケアは日々のスキンケアを丁寧に行うことが大切ですが、化粧品でそれをほんの少し手助けしてもらうこともできます。
ここでは私のオススメの高保湿化粧品をいくつか紹介します。

ディセンシアの『つつむ』は、まもってうるおすをコンセプトに肌にとって本当に必要な成分が配合された化粧品です。
美容液のようなとろりとした化粧水が肌に浸透し、肌自らが潤う機能を養ってくれます。

ポーラの『モイスティシモ』は、角質のうるおいを追求しつくした高保湿スキンケア。
角質を整え、うるおいに満ちたやわらかくて吸い付くようなもっちりとした肌に仕上げてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ひとくちに『保湿』といっても、自分の肌の状態がどうなっているのか様子を見ながら保湿ケアしていくこと、朝のスキンケアや十分な睡眠と様々なことに気を付けていなければなりませんでしたね。

全部を一気にやろうと思うと面倒に感じてしまうかもしれませんが、ひとつひとつをルーティーンとして毎日少し気を付けてスキンケアを行うだけでお肌の状態は変わってくると思います。
毎日の保湿ケアでステキな肌を手に入れましょう。

目の下のクマの原因と予防・対策

2018.10.26

スキンケアで改善できるお肌のくすみの原因とは?

2018.10.10

エトヴォスのミネラルファンデーションで肌をケアしながらメイクを!

2018.09.21

オーガニック化粧品 って?メリットとデメリットは?

2018.09.13

ミネラル化粧品でナチュラルな肌へ

2018.09.11