夏に向けてのUV対策!シーン別オススメの日焼け止め!

だんだん日差しが強くなってきましたが、みなさん 日焼け止め の準備は万端ですか?

これからの季節、手放せなくなってくる日焼け止め。
店頭に並んでいる日焼け止めをみると何を選べばいいのか悩んでしまいますよね。

私もいつもどれを選べかいいのか迷って、結局いつも同じものを使っています。

人によっては肌が弱く、選べる種類も限られてくるのが日焼け止め選びの悩みどころ。

メガネちゃん
  • 肌が弱いから、肌にやさしいものがほしい。
  • でも、日焼けはしっかり予防したい!
  • とにかく日焼けをしたくないから強力なものがほしい!
  • ……などなど。選び方の基準は人それぞれ。
    ここではシーン別や、肌質によって違うオススメの日焼け止めを紹介していきます。

    ぜひ、これからの季節の参考にしてくださいね。

    日焼け止め の選び方

    夏

    まずは日焼け止めの選び方について。
    自分の用途や肌にあったものを選んでいきましょう。

     

    顔用 or からだ用

    選ぶ時にまず確認するのは「顔用」と「からだ用」どちらのものか。

    もちろん「顔用」のものをからだに使うことはできますが、からだは皮膚の薄さや、皮脂腺の数が違います。
    顔に比べてからだの方が皮膚も厚く皮脂腺の数は少なく、とても極端な言い方をするなら、からだの皮膚の方が顔よりほんの少し丈夫なんです。

    顔の皮膚は皮脂腺も多くて詰まりやすいので、肌が敏感で肌トラブルも多い。

    そのため顔用の日焼け止めには保湿成分の入ったスキンケア効果メイキャップ効果があるものが多く、化粧下地としても使えるものが多いです。

    反対にからだ用は顔に比べて皮膚が勝負なので、多少刺激があっても紫外線防止の効果が高く、塗る範囲も広くなるので伸びが良いものが多い。

    これを顔に塗ろうとすると、肌が弱い人なんかはピリピリとしてしまうかも…

    どちらにも使えないこともないですが、なるべくなら顔用とからだ用はなるべく分けてつかった方がよさそうです。

     

    パケージに書いてあるSPF・PAって?

    次に日焼け止め選びの要になってくるのが、よく日焼け止めのパッケージに記載されているSPFPA
    これって何を指しているのか知っていますか?

    SPFって???

    SPFサン・プロテクション・ファクターの略で、シミやそばかす、皮膚がんの原因となる紫外線B派といわれるUVAをカットしてくれる力の効果を表しています。

    たとえばSPF30なら「日に焼けてしまうまでの時間を30分遅らせることができる」という意味になり、数字が大きいほど効果が高くなります。

     

    PAって???

    PAプロテクション・グレイド・オブ・UVAの略で、皮膚を黒くし、シミやたるみの原因になる紫外線A派(UVA)の防止効果を表した力のことです。

    4段階に分けられていて、強い方から順に「++++」「+++」「++」「+」と表記されています。

     

    商品に表示されているのは見たことがあっても、なんとなく数字が高い方が効果が日焼けに強いのかな~という感覚で使っていませんでしたか?
    もちろん紫外線防止の効果は高いですが、その分お肌への負担も大きくなってきます。

    意味をきちんと理解すれば、たとえば通勤やお買い物など数十分の外出の時はSPF10でPA+の日焼け止め、海やリゾートなどマリンスポーツや炎天下での活動をするときはSPF30~50でPA++~+++くらいの日焼け止めを。

    TPOに合わせて使い分けるということもできます。
    自分のライフスタイルに合わせた日焼け止めを選ぶことも日焼け対策をするには大切なことです。

    TPOに合わせたオススメの日焼け止め!

    紫外線

    そうはいっても、どの日焼け止めを選んだものか迷ってしまいますよね。
    ここでは日常使いにオススメのものから炎天下での日焼け対策にオススメのものまで選んで紹介していきます。

     

    普段使いにオススメの日焼け止め

    通勤やお散歩、ちょっとしたお買い物など。
    普段あまり長時間外に出ることはなくても外に出れば日焼けはつきもの。

    普段使いにも最適のからだ用と、お化粧の下地にも使える日焼け止めを選んでみました。

     

    ・セザンヌ UVウルトラフィットベースN


    顔用日焼け止め SPF36 PA++ 価格 734円(税込)

    化粧下地でも圧倒的人気を誇るセザンヌの顔用日焼け止めは、毛穴や色ムラもカバーしてくれる高保湿のうるおい下地。
    日焼け止めとして、さらには下地としても優秀で、このお値段でコスパも良いのが魅力的な顔用日焼け止めです。

     

    ・ニールズヤード ナチュラルUVプロテクション


    からだ用日焼け止め SPF30 PS+++ 価格 3,780円(税込)

    オーガニック植物の油のチカラを利用したニールズヤードの日焼け止めは、重めのテクスチャーですがしっとりと肌に密着して日焼けを防いでくれます。
    ラベンダーやオレンジ、レモングラスなどのハーブの香りがするので気分もアップ♪ ただ、強めの香りなので店頭などで確認してから購入を決めた方が良さそうかも…

     

    長時間のお出かけにオススメの日焼け止め

    お休みの日にちょっと遠くまで外出。
    そんなときに塗るのは普段使っているものよりも少しだけ効果の高いものを選んで日焼け対策を!

     

    ・アネッサ パーフェクトUV スキンケアジェル


    顔・からだ用日焼け止め SPF50+ PA++++ 価格 2,592円(税込)

    アネッサの日焼け止めはSPF50 PA++++の紫外線防止効果が高い日焼け止めですが、スキンケア成分が50%も配合されています。
    スルッとして伸びが良いテクスチャーで大胆に使え、スーパーウォータープルーフなので夏のプールや海水浴、運動会などレジャーなどには持ってこいの日焼け止めです。

     

    ・ALLIE エクストラUVジェル


    からだ用 SPF50+ PA++++ 価格 1,512円(税込)/40g・3,024円(税込)/90g

    さらりとしたジェルタイプの日焼け止めです。保湿成分も配合されていて、肌の状態を保ちながら高い紫外線防止効果で日焼けから守ってくれます。
    ウォータープルーフなので真夏のプールや海水浴にも気軽に使えて、幅広いシーンに対応した日焼け止めです。

    日焼け止めの使用方法

    日焼け止め

    日焼け止めの使用方法といっても、塗るだけなので簡単!
    と、思いますが意外と忘れがちなのが小まめな塗り直しです。

    一度塗ったらその日一日は大丈夫、と思っているのなら危険です。
    より効果を長持ちさせるためには小まめな塗り直しが大切になってきます。

    目安としては、2~3時間ごとに塗り直しましょう。
    もちろん、運動して汗をかいた後や長時間泳いだりした後には必要に応じて塗り直してくださいね。

    まとめ

    いかがでしたか?
    日焼け止め選びも自分の肌やライフスタイル、用途に合わせて考えると選びやすくなりますね。

    紫外線は夏に非常に量が多くなりますが、秋や冬にも紫外線がまったくないというわけではありません。実は一年中、紫外線ケアをすることも大切なんです。

    透き通る白い肌を目指して、今年もしっかり紫外線対策をしていきましょう。

     

     

    目の下のクマの原因と予防・対策

    2018.10.26

    スキンケアで改善できるお肌のくすみの原因とは?

    2018.10.10

    エトヴォスのミネラルファンデーションで肌をケアしながらメイクを!

    2018.09.21

    オーガニック化粧品 って?メリットとデメリットは?

    2018.09.13

    ミネラル化粧品でナチュラルな肌へ

    2018.09.11