日焼けをしてしまったら、しっかりとアフターケアを!日焼け後のお手入れが大切!

日焼け 対策、みなさんはもう準備していますか?

今年は早いうちから真夏日を記録した日もあり、夏には大変な暑さになりそうだなぁという予感がヒシヒシとしますよね。
夏の紫外線対策、もちろん万全の状態で挑むつもりではいても、うっかりUV対策を怠ってしまったり…予想外に日焼けしてしまった…!そんな時もあるかもしれません。

とくに女性にとって日焼けはお肌の大敵!

そんなうっかり日焼けしてしまった時のアフターケアをご紹介します。

日焼け のアフターケア

日焼け

日焼けをしてしまった時のお手入れで大切なのは「肌を冷やす」「保湿」「水分補給」の3つです。

01.肌を冷やす

まず一番大切なのは、肌を冷やすことです!
日焼けはやけどの一種。軽いやけどと同じ状態になっていて、肌が炎症を起こしているので冷やして炎症の進行を防ぐ必要があります。

熱を帯びて赤く火照っている部分に冷たい水で濡らしたタオル、氷水を入れたビニール袋などの冷たいものを当ててしばらく冷やしましょう。

冷たい水風呂に入ってシャワーを当てれば手間もかからないのではないか、と考えてしまいがちですが、水風呂は体を冷やしすぎることもあるので短時間で済ませなければならず、シャワーは弱っている肌へさらに刺激を与えてしまうことになります。

まずはゆっくりと、カラダの火照りをとりましょう。

02.保湿

紫外線を浴びて日焼けをした後の肌は、いつもよりも乾燥しやすく、水分が不足しています。肌の火照りがおさまったら、化粧水などでしっかりと保湿をしましょう。

肌が敏感になっているのでパッティングや、肌をこすったりするのはNGです。
やさしく肌に染み込ませるように、ゆっくりと手でぎゅっとハンドプレスしましょう。

化粧水は敏感肌用の肌への刺激が少ないものを使った方が良いかもしれません。いつもより多い2~3倍の量をしっかりと肌に染み込ませたら乳液やクリームで保湿をしてうるおいをきっちり閉じ込めて、水分の蒸発を防ぎましょう。

03.水分補給

日焼けの後は全身の肌が乾燥していますが、体内の水分も不足しています。
脱水症状を防ぐためにも水をしっかりと飲みましょう。水分をとることで、体内の水分量が上がって内側から肌の保湿を促すことにもなります。

スムージー

ミネラルウォーターやビタミンCのたっぷり入ったアセロラジュースも効果的です。

日焼け後のスキンケア

美容

日焼け後のスキンケアで気を付けておきたいことは、紫外線によるダメージケアです。

低刺激の洗顔料や、化粧水で肌の炎症がおさまってきた辺りで次に気になるのが紫外線によってもたらされるシミやソバカスなどですよね。

紫外線によるダメージ対策

紫外線による肌へのダメージは女性にとって大敵。そのまま放っておくと、色素沈着によってシミやソバカスができてしまう可能性があります。

日焼けによる赤みなどが引いてきたら、次は美白作用のある化粧品をスキンケアに取り入れましょう。

たとえば、メラニン色素生成の抑制や肌のターンオーバーを整える作用があり、色素沈着を防ぐ効果を期待できるビタミンCが配合された美容液をいつものスキンケアに取り入れてみるとGOOD!

オイル美容

ただし、いつも使っている美白作用のある化粧品でも日焼け後の敏感になっている肌には刺激が強い場合があるので、肌に合わない場合はすぐに使用をやめてくださいね。

食べ物でカラダの中から日焼けをケアする!

野菜

紫外線は肌だけではなく、細胞レベルにまでダメージを与えてしまう強い刺激です。ダメージを受けた細胞には、食べ物の栄養素でケアをすることが一番の近道!

日焼けの回復も早く、肌の新陳代謝を促してターンオーバーを活性してくれます。

ビタミンA

とくに多く含まれているのは、カボチャやニンジン、トマトなどの緑黄色野菜
活性酸素の生成を抑えてくれる抗酸化作用があり、皮膚や粘膜を保護してくれます。

ビタミンC

オレンジグレープフルーツなどの柑橘系キウイアセロラなどの果物トマトブロッコリーパプリカなど緑黄色野菜などに多く含まれています。

化粧品の時にも少し触れましたが、ビタミンCは紫外線による肌のダメージに対してメラニン色素生成の抑制など多くの効果が望めます。

ビタミンE

ビタミンEはアボカドナッツ類大豆ゴマなどに多く含まれています。
高い抗酸化作用を持ち、活性化酸素による酸化から肌を守り、紫外線を吸収してくれる作用が期待できます。

野菜

また、亜鉛などのミネラルには細胞の分裂や細胞を助けてくれる効果があり、シミやソバカスを防いでくれます。
それらの成分を持つ食材をバランスよく食事に取り入れて、カラダの内側から紫外線をやっつけてしまいましょう。

まとめ

日焼け止め

まずは日焼け止めを塗るという事前対策が必要ですが、うっかり日焼けをしてしまった時にはその後のケアがとっても大切になってきます。

日焼けは軽いやけどと同じです。しっかりとケアして、その後のシミやソバカスにつながらないように対策をして、美白肌を取り戻しましょう!

目の下のクマの原因と予防・対策

2018.10.26

スキンケアで改善できるお肌のくすみの原因とは?

2018.10.10

エトヴォスのミネラルファンデーションで肌をケアしながらメイクを!

2018.09.21

オーガニック化粧品 って?メリットとデメリットは?

2018.09.13

ミネラル化粧品でナチュラルな肌へ

2018.09.11