ヒアルロン酸ってどんなもの?意外と知らないヒアルロン酸の成分と効果

高保湿でお肌に良いとされる ヒアルロン酸 ですが、具体的にはどんな働きをする成分なのか意外に知られていないかもしれません。

私たちが想像しているよりも、ヒアルロン酸の働きは多岐に渡り、とても優秀な成分です。

ヒアルロン酸の気になるその成分と役割について

ヒアルロン酸

たとえばスキンケア化粧品を探すとき、保湿重視のものを選ぼうと思うと保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸などが配合されたものを考えますよね。

『保湿にはヒアルロン酸』となんとなく脳に刻まれていますが、ヒアルロン酸がどのような役割をするのか意外と知らなかったりします。

お肌の状態によって、どのような成分が自分に必要なものなのか判別するためにもきちんとした知識をみにつけておきましょう。

ヒアルロン酸 とは?

ヒアルロン酸は、水との親和性が高いグリコサミノグリカン(酸性ムコ多糖類)の一種です。

ムコ多糖類は水と仲良くできるように糖と結びついた物質のことで、ヒアルロン酸はアミノ酸と糖分が何重にも重なってできている成分となります。

保水力が強いため、保湿成分として使われることが多い成分です。

私たちの体内にもヒアルロン酸は含まれており、体の動きなどさまざまなことの助けになっています。

ヒアルロン酸の役割

ヒアルロン酸は、私たちの体内の様々なところで見ることができます。

たとえば眼球。
硝子体の成分としてのヒアルロン酸は、ネバネバした特性で、目の組織同士をくっつけて目の形を維持しているのです。

次に関節。
関節腔を満たす間接液や関節軟骨などにヒアルロン酸が含まれています。

関節の動きをよくするための潤滑作用やクッションのように衝撃を吸収する働きをしてくれます。

体内にあるヒアルロン酸はこのように、水分を保持する保水力に加えて粘性と弾性に優れていて、私たちの体の隅々まで支えてくれています。

また、ヒアルロン酸の高い保水力ヒアルロン酸1グラムで6リットルの水を保持できるほどなんだとか!
その高い保水力が私たちの体の隅々を支えてくれているのです。

ヒアルロン酸の効果

美容

私たち人間の体内で様々な働きをしてくれているヒアルロン酸、スキンケア化粧品やサプリなどとして美肌を維持するために様々な商品が販売されています。

それらが本当に美肌に効果があるのか、気になりますよね。

ヒアルロン酸のサプリメント

サプリメントはあくまで医療品ではなく健康食品
実はヒアルロン酸のサプリメントを摂取したからといって、直接必要な部分にヒアルロン酸が届くというわけではありません。

体内でアミノ酸やブドウ糖に変換され、それが摂取されることで体内の働きが良くなりヒアルロン酸を産生することにつながるかもしれませんが、”直接の効果”としては”すぐに効果があるわけではない”と言えます。

ヒアルロン酸を配合した化粧品

私たちの肌にもともとあるヒアルロン酸は、表皮の下、真皮で産生されて働いています。

ストレスや生活習慣、加齢、肌トラブルなど様々な要因によって衰えてしまった肌のハリや弾力を取り戻すために化粧品でそれを補おうとしますが、肌の表面から角質層の奥まで成分を浸透させるのはなかなか難しいのです。

それはヒアルロン酸の分子が角質層に浸透させるにはやや大きいことが原因です。

しかし最新の技術であれば、ヒアルロン酸をナノレベルまで小さくして肌に吸収させ、角質層の奥まで浸透させることが可能です。

ヒアルロン酸配合の化粧品を選ぶ場合は、ヒアルロン酸の種類も検討することが重要になってきます。

ヒアルロン酸の種類

ヒアルロン酸の種類には大きく分けて3種類があります。
もともと1種類だったものが、肌への浸透性を高めるためなどで改良されて種類が増えました。

  1. ヒアルロン酸
  2. もっとも一般的なもので、高分子で粘度が高く、肌をしっかりと保湿することが可能です。
    ただし高分子のために角質層に浸透しにくい性質があり、肌の内部をうるおすよりは肌表面のうるおいを持続させバリア機能を助ける働きがあります。

  3. 加水分解ヒアルロン酸
  4. 加水分解ヒアルロン酸は、高分子のヒアルロン酸に酵素などを加えて分解したもの。低分子で、粘度が低く、肌への浸透力が強いことが特徴です。

  5. アセチルヒアルロン酸Na
  6. スーパーヒアルロン酸とも呼ばれ、ヒアルロン酸の水酸基をアセチル基に置き換えてつくられています。肌馴染みが良く、角質をやわらかくしてくれます。

①から順に使用感がなめらかに、やわらかくなっていきます。
成分がどのように浸透していくかも大事ですが、自分が使いやすいテクスチャーのものを選ぶことも重要です。

スキンケア化粧品は自分に合ったものを長く使い続けていくことによって効果が得られるもの。

ケアを怠らず、根気よく続けていきましょう。

ヒアルロン酸配合のスキンケア化粧品

混合肌にオススメの化粧水

エトヴォスのモイスチャライジングローションはヒアルロン酸に加え、ヒアルロン酸の2倍もの保湿力を持つリピジュアも配合されている保水力の高い化粧品です。

エトヴォス モイスチャライジングの詳細はこちら
エトヴォス【モイスチャーラインお試しセット】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヒアルロン酸はもともと私たちの体内にある成分ですが、それと化粧品成分としてのヒアルロン酸の働きは違ってきます。

これまで「なんとなく肌に良い。関節に良い」というイメージしかなかったかもしれませんが、自分の求めるピッタリのものを選んでスキンケアしていきましょう。

目の下のクマの原因と予防・対策

2018.10.26

スキンケアで改善できるお肌のくすみの原因とは?

2018.10.10

エトヴォスのミネラルファンデーションで肌をケアしながらメイクを!

2018.09.21

オーガニック化粧品 って?メリットとデメリットは?

2018.09.13

ミネラル化粧品でナチュラルな肌へ

2018.09.11