オーガニック化粧品 って?メリットとデメリットは?

オーガニック化粧品 は、お肌に優しい化粧品。

なんとなくそんなふうに理解してはいるけれど、オーガニック化粧品って普通の化粧品とどう違うのか知っていますか?

オーガニック化粧品とは?
無添加化粧品との違いってなあに?

お肌にピッタリの化粧品を選ぶために、化粧品の違いについて解説していきます。

オーガニック化粧品 とは?

オーガニック化粧品

オーガニック化粧品とは、農薬や肥料を使わずに『有機栽培』で育てられた植物成分を中心として作られた化粧品のこと。

遺伝子組み換え植物原料や、石油由来の成分は使用されておらず、自然由来のお肌に優しい成分で作られています。

海外にはオーガニックの認証機関や団体があって、そこで厳しい基準をクリアしたものがオーガニック化粧品として認定されるのです。

実は、日本ではまだオーガニック化粧品の明確な基準が存在していません。
有機栽培の植物原料が少しでも配合されているなら「オーガニック」と名乗ることが可能なんです。

なので日本の会社でオーガニック化粧品とうたわれているものを選ぶときには、使われている成分を確認することが大切です。

オーガニック化粧品と無添加化粧品の違いって?

悩む

オーガニック化粧品の他に、お肌に優しいとされるものの中には無添加化粧品や自然派化粧品と呼ばれる種類もあります。

それらの化粧品とオーガニック化粧品の違いは、有機栽培の植物原料を使用しているかどうか。

そして、化学由来成分を使用していないかどうかです。

無添加・自然派化粧品の場合でも石油由来成分を使用している場合、人によってはお肌にとても負担がかかってしまう可能性があります。

配合されている成分を確認して、自分に合ったものを探しましょう。

ちなみに自然派化粧品も自然由来のものを配合していますが、自然由来の成分が主なものかは化粧品によって異なる場合があるので注意。

オーガニック化粧品の魅力

ハート

オーガニック化粧品の特徴は、農薬や化学肥料を使わずに有機栽培された植物由来のものが配合されていることですが、それが一体お肌にどのような影響を与えるのでしょうか?

オーガニック化粧品を使うことのメリットは大きく分けると3つ!

  1. 自然由来だから肌にやさしい
  2. 肌本来が持っているチカラをサポートしてくれる
  3. 天然アロマ成分が配合されていてリラックス効果が高い

これらの効果が期待できます。
具体的にどう作用してくるのか説明していきますね。

自然由来だから肌にやさしい

木

オーガニック化粧品は石油由来成分など肌に刺激のあるものを極力なくして、植物から抽出したエキスを使ったものになります。

植物は昔から、民間療法としてハーブ類や草木がお肌のトラブルに活かされてきました。

先人の知恵は意外と馬鹿にできないものなんです。

それは植物本来が持つ、過酷な環境でも生き抜く力強さによるものでもあります。
環境適応力抗酸化力が非常に発達していて、それらは私たちの肌でも大きな力を発揮してくれるのです。

肌本来が持っているチカラをサポート

美容

オーガニックコスメの一番の特長は『肌が本来持っている美しくなろうとする機能を高めてその力を引き出してくれる』こと!

私たちの肌にはもともと自己修復機能が備わっています。

お肌の状態が正常であれば問題なく働いていますが、肌トラブルや加齢などによって機能は低下してしまいます。

天然アロマの香りでリラックス

ブースター化粧品

オーガニック化粧品には、植物の香りがギュっと凝縮されているエッセンシャルオイル(精油)が使用されていることが多いです。

オイルそれぞれが肌に対していろんな作用をもっているので、自分の肌の悩みなどに合わせて使用します。

一番の特徴はやっぱりオイル自体が持つ豊かな香りです。アロマの香りはリラックス効果やリフレッシュ効果があり、スキンケアとして使いながらもアロマセラピー効果が期待できるんです。

オーガニック化粧品のデメリット

熱中症対策

そんなオーガニック化粧品ですが、「お肌にやさしいのはわかったけど、もしかしてその分効果が薄いんじゃないのかな?」なんて思いませんか?
実はそういう声も、ないことはないんです。

 オーガニック化粧品は、効果が出てきたと感じるまでに少し時間がかかるんです。

たとえばスクラブやパック、ピーリングなどは使えばすぐに高価を感じられますがオーガニックコスメはじっくりと肌に本来の力を取り戻させる化粧品。

長く使っていくことで効果を感じられるようになっています。

たとえばオーガニックコスメとして知られているHANAのスキンケア化粧品は、じっくり時間をかけて肌を整えてくれます。

オーガニックトライアルセット体験レビュー

実際にHANAオーガニック使い始めて数か月たった私の肌も、はじめは「ちょっと物足りないかな?」と感じていたものが気にならなくなり、今では乾燥知らずのもっちりとした肌へと変わっていっています。

今すぐに肌荒れを治したい!すぐに効果が出てほしい!
という方には、オーガニック化粧品はあまり合わないかもしれません。

たとえばお肌に負担をかける成分を取り除いた結果、クリームが伸ばしにくく、伸ばすと真っ白になってしまったりと使い方にもコツがいる場合があります。

  • すべての肌に合うわけではない
  • ケミカルな化粧品に比べて効果も遅く、使い心地に劣る部分がある
  • 日本にはオーガニックコスメの基準がない
  • オーガニックコスメを使おうか検討している方は、今挙げたこれらは頭に入れておくといいかもしれません。

    まとめ

    乾燥肌の対策

    いかがだったでしょうか?
    注意しなければならないのが、植物性由来だからといってすべての肌に優しいわけではないということ。

    すべてのひとの肌がまったく同じということはありません。
    私たちの肌にはそれぞれ違いがあって、とっても繊細です。

    自分の肌に合うスキンケア化粧品を探している期間は、なかなか良いものに巡り合えずやきもきしちゃいますよね。

    いろいろ試してみた中でもしもこれだというものに巡り合えたら、ぜひ楽しみながらスキンケアをしてみてください。