スキンケアで改善できるお肌のくすみの原因とは?

年齢を重ねていくと気になってくる お肌のくすみ

美白

鏡をみたときにお肌に透明感がなく肌ツヤが悪くて黒ずんでいるように見えると老けて見えることが多いですよね。

お肌のくすみを隠そうとファンデーションで誤魔化してみたり、肌ツヤを出すために基礎化粧品を変えてみたり…
実はお肌のくすみはニキビやシミなどとは違って比較的改善がしやすい肌悩みなんです。

くすみの原因を理解し、ちょっとした工夫でお肌の透明感を取り戻しましょう。

お肌のくすみ とは?

お肌のくすみ

お肌がくすんでいる状態というのは、肌本来が持っているキメやうるおい、透明感が失われて肌全体が暗く見えるようになっている状態のことです。

具体的に挙げるとするなら、

  1. 肌にハリ・ツヤ・透明感がない
  2. 首と比べて顔の肌色が暗く見える
  3. いつもの色味のファンデーションが浮いて見える

などなど……
他の肌荒れに比べると少し抽象的で、なかなかお肌のくすみには気づきにくいかもしれません。

実は、くすみというものはニキビなど他の肌トラブルとは違って肌の病気”というわけではないんです。
医学的にその症状が明確化されているわけではなく、あくまで「肌がくすんでいる」というどちらかというと感覚的な症状。

ファンデーションなどの化粧でカバーできてしまうこともあって「なんとなく肌がくすんでいる気がするけど大丈夫かなぁ?」と思ってしまいがち…

しかし毎日の顔移りが違うからこそ、いつだって透明感のある肌でいたいと思いますよね。
肌荒れなどと違って明確な症状が出るものではありませんが、健康的な肌でいるためには”お肌のくすみ”は無視できません。

お肌のくすみの原因

夏

年齢を重ねていくうちに気になってくるのがお肌のくすみです。
くすみは肌の印象を悪くして、パッと顔をみた時に老けてみえたりもする原因になります。

古い角質による肌のくすみや、毛穴よごれなど、お肌がくすむ原因はさまざま。
まずは数多くあるくすみの原因から調べていきましょう。

  1. 古い角質による肌のくすみ
  2. ターンオーバーが正常に行われている状態であれば、自然と肌から剥がれ落ちていく古い角質。
    これらがターンオーバーの乱れによって肌の表面に残ると、だんだんと古い角質が肌に積み重なって、肌がくすんでしまう原因になります。

  3. 乾燥によるくすみ
  4. 次に、これからの季節とくに肌荒れの原因になりやすい乾燥が原因によるくすみ。
    乾燥によって肌のキメが乱れて、肌表面がカサカサでなめらかとは程遠い状態に。

    そのキメの乱れた肌に光が当たると、デコボコした道のくぼみが黒くみえるように、光の乱反射によって肌が暗くみえてしまうことになります。

  5. 毛穴汚れによるくすみ
  6. 私たちの肌には無数の毛穴があります。
    その毛穴にホコリや汚れ、古い皮脂などが詰まってできた角栓が酸化すると、そこが黒ずんでみえます。

    毛穴は肌全体にあるので、それによって顔全体がくすんで見えてしまうのです。

  7. 生活習慣の乱れによるくすみ
  8. 私たちの体は健康的な状態を保つことによって本来の力を発揮します。
    日々のストレスや睡眠不足、からだの冷えやむくみなどによって血行の流れが滞ると血色が悪くなり、顔全体が暗く見えてしまいます。

    また乱れた食生活も肌の調子を左右しますから、日々の習慣がお肌のくすみに影響したりもするのです。

また、寝不足による目の下のクマはくすみと間違いやすく、まぎらわしい相手。
くすみとクマの原因は同じであったりもするので、くすみのケアはクマにも有効です。

目の下のクマも顔の印象を暗くみせる要因のひとつですから、ひとつひとつ解決していきましょう。

くすみの原因に合わせて肌をお手入れしよう!

容器

最初に言った通り、お肌のくすみはふだんのスキンケアを見直したり、血行不良を改善したりすることで解消しやすいものです。

くすみはエイジングケアにもつながるものがあり、くすみの原因によってケアも変わってくるので自分のくすみがどこからきているかな?と考えてみましょう。

古い角質による肌のくすみのスキンケア

お肌に古い角質が積み重なってしまうのはターンオーバーの乱れが原因です。

規則正しい生活

ターンオーバーの乱れはバランスの良い食事や適度な運動など、日々の生活の改善で大きく変わっていきます。
忙しい現代人は睡眠時間も不足しがちですが、質の良い睡眠をとってお肌の調子を整えていきましょう。

肌に残ってしまっている古い角質はスクラブやピーリング洗顔などのスペシャルケアで洗い流してあげるお手入れがオススメです!

肌表面の古い角質を落としてあげることで化粧水など、その後のスキンケア化粧品が肌にしっかりと浸透しやすくなります。

💭 保湿を忘れないこと
ターンオーバーの乱れによって引き起こされる現象にバリア機能の低下があります。
肌が乾燥するということは、たくさんの肌トラブルを引き起こす原因に。

とくにスクラブやピーリング後の肌は乾燥しやすい状態になっているので、化粧水を浸透させ、クリームや乳液でしっかりと保湿してあげることが大切です。

毛穴汚れによるくすみのスキンケア

毛穴汚れの原因自体は、毛穴が開いてしまっていたり、角質が詰まっていたりと様々な状態があります。
女性はメイクをしますから、洗顔が不十分でお肌に残り、角栓ができてしまうことに。

こうしてお肌に残ってしまっている汚れが酸化すると黒ずんでみえて、お肌がくすんでみえます。

これを改善していくには、まずは毛穴汚れの解消!
もっとも重要なのはもちろん洗顔です。クレンジングでメイクオフ、洗顔で余分な皮脂や汚れをしっかりと落としましょう。

毛穴のトラブルは様々なくすみだけでなく、様々な肌トラブルに通じているので日頃からしっかりとケアしていくことが大切です。

メラニンによるくすみの対策

実は、くすみにはメラニンによるくすみがあります。
メラニンとは私たち動物に存在する黒色の色素のことで、ヒトならほくろや髪の毛などに現れるものです。

夏場、日に焼けると肌が黒くなりますよね。
これは紫外線にあたることによってメラニンが増えてしまうことによって引き起こされます。

子どもの頃は夏場に日に焼けて小麦色の肌になっていると「健康的でいいね」なんて言われていましたが、メラニンが生成されて肌が褐色になると肌色はトーンダウンし、シミやくすみへとつながっていきます。

日焼け止め

とはいっても、年々気温も上昇している夏の日差しはたいへん強いもの……
もっとも効果的な方法は、日焼け止めで紫外線を防ぐこと!

夏場だけでなく、紫外線は一年中私たちの肌に降り注いでいます。
日頃から日焼け止め、UVカット効果のあるメイク下地や日中用乳液などを使用して紫外線を防ぎましょう。

まとめ

容器

くすみはお肌の病気というわけではありませんが、肌がくすんでいると顔の印象が暗く、老けてみえることもあるので女性にとっては放ってはおけません。

エイジングケア保湿ケアなど、日頃のお手入れからくすみを防いだり、改善することができるので日頃からのスキンケアの時間を大切にしましょう。

目の下のクマの原因と予防・対策

2018.10.26

エトヴォスのミネラルファンデーションで肌をケアしながらメイクを!

2018.09.21

オーガニック化粧品 って?メリットとデメリットは?

2018.09.13

ミネラル化粧品でナチュラルな肌へ

2018.09.11

秋冬に気になってくる乾燥肌の対策・スキンケアについて

2018.08.30